中年男性がお送りするほのぼのツーリング日記

2014年にCBR1000RR SPを購入。現在のんびり運転中です。

MotoGP最終戦と来年のMotoGPシーズン

バレンシアGPが始まりましたが、これで2017年度のシーズンは終了となります。

勿論、選手は、この後も来年に向けてのテスト等の仕事はあるので、

休みは、もう少し先になるんじゃないかと思うのですが。

まずは、今年最終戦バレンシアGP。

マルケスの年間チャンピオンは、決定的な感じですが、

ドヴィツィオーゾもチャンスがあります。

※ドヴィツィオーゾが優勝して、マルケスがリタイアになれば

ドヴィツィオーゾのチャンピオン決定みたい。

他のライダー情報に目を向けますと、

今年は、ヤマハからドゥカティに移籍したロレンソが楽しみでしたが、

ちょっと苦しんでおりましたねぇ。

やはり、ヤマハドゥカティじゃマシン特性が変わっているんでしょうねぇ。

来年度に期待って所でしょうか。

生きる伝説ことロッシですが、今年は怪我もあったのですが、

まずまずの成績って感じでしょうか。

来年度も契約が残っておりますので、出来るだけ長く頑張って欲しい所です。

※現役続行か引退かは、来年度中に決定するとの事。

40歳までレースやるんですかねぇ。

マルケスは、優勝こそ少ないものの、安定的にポイントを積み重ねており、

大人のレース展開をしていたんじゃないかと。

ペドロサは、地味な成績ですが、なんだかんだでトップ10に入ってますねぇ。

※出来れば、ペドロサには、来年度にはチャンピオンになって欲しいなぁ。

ヤマハに移籍したビニャーレスは、シーズン序盤2連勝を始め、

まずまずの成績って所でしょうか。

※チームメイトのロッシよりポイント上回ってますからねぇ。

www.honda.co.jp

後、日本人ライダーですが、青山博一、津田拓也、中須賀克行、野左根航汰

の4人がスポット参戦。

青山選手は、実質的にはレース活動から遠ざかっており、

津田選手は、全日本のヨシムラでの活動が中心。

中須賀選手は、全日本での活動とヤマハの開発ライダーに専念。

ですので、この中で将来有望なのは、野左根くん位かなぁ。

今年、野左根くんは中須賀線選手のチームメイトで、

尚且つ世界耐久選手権でも活躍しておりましたねぇ。

今後の動向に期待って感じでしょうか。

来年度の日本人選手ですが、Moto2から中上貴晶がレギュラー参戦します。

チームは、LCRホンダ イデミツ。

※チームメイトのクラッチローは、LCRホンダ カストロールなんですよねぇ。

中上くんのMoto2での成績ですが、優勝、表彰台圏内獲得もあったものの

転倒リタイアもあったので、全体では7位。

個人的には、う~んって感じですかねぇ。

来年度は、最高峰クラスで頑張って欲しい所です。

日本人以外の選手で言うと、モルビデリ、ルティー、シメオンが

それぞれMotoGPに昇格。

バルベラ、ローズは、Moto2へ。

バズはスーパーバイクに転向。

※エントリーリストはこちら↓

MotoGP confirms 2018 entry list - Speedcafe

 

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ レーサーレプリカへ